マーケティングオートメーションならSalesforce Marketing Cloud

salesforce marketing cloud by Netyear Group

シップス

マーケティングオートメーション「Salesforce Marketing Cloud」の導入事例

シップス

シップスは1952年、上野アメ横にて米軍放出品を扱うわずか1.5坪の「三浦商店」が始まりです。その後、1970年頃よりアメリカを中心とした海外からシューズやデニム、Tシャツなどを自ら買い付けしお客様へ直接、商品をご提案するようになりました。その後、1977年に東京・銀座に「SHIPS」の1号店をオープンしました。


現在は輸入品だけにとどまらず、オリジナル商品も豊富にラインナップし、「SHIPS JET BLUE」「Khaju」「liflattie ships」「SHIPS Days」といった多彩なコンセプトのショップも展開しています。直営店展開にこだわり、全国88店舗にまでその規模を拡大し成長してきました。

リレーション型シナリオ

「ポイント有効期限リマインド」はポイント失効の20日前、95日前に利用可能ポイントを自動リマインドします。「定期ニュース」は1週間に1度、登録したエリア(北海道、関東、九州等)ごとにイベント情報を配信します。

sp_cap1

売上貢献型シナリオ

「コーディネート提案」は店舗購入の翌営業日に、購入商品に関連するコーディネートを配信します。「カート放棄」はカートに入れた商品がECと店舗で購入されなかった際、翌日にリマインドします。

sp_cap1
btn_off ほかの事例を見る
今なら事例集をプレゼント!メルマガ登録はこちら
toTop