マーケティングオートメーションならSalesforce Marketing Cloud

salesforce marketing cloud by Netyear Group

継続的な改善で開封率40.1%

中小企業もSalesforce Marketing Cloudを
メールマーケティングに活用できる!

Half Price Books社

Half Price Books社は、16州に120店舗以上をもつ最大規模の家族経営型の新古書店です。小売店舗に加え、Half Price Booksマーケットプレイス(オンライン書店)は、選りすぐりの新書、中古、絶版となった書籍、音楽、映画、教科書を提供しています。

「Salesforce Marketing Cloudによって、私たちは、Email、Facebook、Twitter、Instagramを通じて、実りある体験を提供し、お客様と有意義な関係を築けただけではなく、会社として取り組んでいる識字率の向上にも役立ちました。」Executive Vice President Kathy Doyle Thomas氏

挑戦

Half Price Booksの売上のほとんどは、リアル店舗経由となりますが、デジタルマーケティングは、来店数を増やす上で、きわめて重要な役割を果たします。 Eメールとソーシャルメディアを組み合わせたオンラインプロモーションは、獲得、育成、ファン化、維持といったライフサイクルの各ステージにある顧客との関係構築の向上に欠かせません。

解決策

2010年に、Salesforce Marketing Cloudを導入し、メールのタイトルや中身を動的に変えたコンテンツを配信した結果、店舗内のメルマガ購読者リストが昨年より40%以上も増えました。適切なメッセージを送り続けることで、開封率やクリック率も増加しています。

獲得

Half Price Booksは、新規顧客の獲得を目的として、メルマガ購読者がFacebookやTwitter、Instagram上でメッセージをシェアできるようにしました。また、ソーシャルリスニングを行い、お客様の疑問に答え、最適なQAコンテンツを提供しています。

きっかけ作り

ID名が挿入されたウェルカムメールを送った結果、ウェルカムクーポンが、8月以内に利用され、平均22.6ドルの売上を獲得しました。

ファン化

愛書家にむけた週末キャンペーンで、オファーと割引のABテストを実施しました。その結果、値引き額を表示するより、%オフを記載したクーポンのほうが6倍近く、好まれることが分かりました。

維持

年間の再エンゲージメントキャンペーンは、メルマガ購読者リストを精査する手助けとなっています。たとえば、最低10件のメールも受信し、1通も開封しない購読者を削除しており、配信到達率と開封率が非常に上がりました。

結果

メールコンテンツを仮説・検証し、修正していくことで、Half Price Booksのキャンペーンは以下のような結果となりました。

  • 開封率40.1%・・・メールタイトルに顧客の名前を差し込んだ:[お客さまのお名前]様へ
  • 開封率27%・・・メールタイトルに顧客の近隣店舗名を差し込んだ:[お客さまの近隣店舗]の新着商品です
  • 1,500人近いメルマガ購読者がおすすめメールとして友人に紹介。Facebook,Twitter,Pinterest上でシェアされ、300クリックされた。
  • btn_off ほかの事例を見る
    今なら事例集をプレゼント!メルマガ登録はこちら
    toTop