マーケティングオートメーションならSalesforce Marketing Cloud

salesforce marketing cloud by Netyear Group

1,000種のキャンペーンを実施、全収益の11%に貢献

中小企業もSalesforce Marketing Cloudを
メールマーケティングに活用できる!

MagnetStreet社

MagnetStreetは、マグネット、カード、文房具がオーダーメイドできる、オンライン型の総合文房具店です。結婚式の招待状作成、商用利用、子供の出産のお知らせなど、あらゆる要望に合わせ、ユニークでバラエティに富んだ商品やデザインを提供しています。MagnetStreetのマーケティングアナリスト、Kyle Lassen氏は次のように述べています。「私たちは、すべてのお客様が“自分らしい”メッセージでライフイベントをお祝いできるようにすることを、目指しています。」

挑戦

市場調査会社IBISWorldによると、米国のウエディング市場は510億ドルです。競争が激しいウエディング市場に参入するにあたり、MagnetStreetは、的確なレコメンドと、ライフサイクルに合わせた緻密なマーケティング計画を行い、お客さまの行動履歴や嗜好にあわせた1to1マーケティングを実施することが、大きな差別化ポイントになると考えていました。

解決策

ウェブサイトをパーソナライズ化するにあたり、ウエディング事業部は、お客さまの挙式予定日を集め、その日程にあわせたコミュニケーションを実施しました。Salesforce Marketing Cloudが提供する「ウェブパーソナライゼーション」は、お客さまのサイト上での行動や好みを収集し、関連する商品をおすすめすることができます。

「Salesforce Marketing Cloudは、お客さまの満足度があがるツールだと分かったので、すぐにレコメンド機能を利用することにしました。また、顧客データを有効活用し、成功指標を見出すことができるようになっただけではなく、チームが成果を出し、競合に対して優位に立つ手助けとなりました。」Lassen氏

Salesforce Marketing Cloudにより、MagnetStreetは、今や、お客様ごとの好みや独自のプロファイルを集めることができるようになりました。顧客プロファイルを活用し、それぞれの嗜好にあわせたおすすめ商品を紹介することで、購買率を向上させています。MagnetStreetは、レコメンド機能をもっとも有効に活用している会社といえるでしょう。マイページや、カテゴリ、商品、カートページ上でお客さまに、タイムリーかつ適切な体験を提供しており、その水準は業界最高レベルです。

MagnetStreetでは、結婚式の準備がスムーズに進むよう、お役立ち情報を提供しています。 例えば、初めてサイトに訪問したユーザーが、「Save the Date※」ページでマグネットやカードを探し始めたとします。アクセスログから好みは記録され、最適なおすすめ商品が表示されます。ユーザーは、マグネットデザインやカードテンプレートを選び、自分の好みにあわせてカスタマイズし、注文することができます。MagnetStreetは、お客様の行動データや好みや購入情報を収集し、独自の顧客プロファイルを作り上げていきます。

※Save the Date・・・欧米ウエディングでは古くからの慣習となっており、正式な招待状を発送する前に「この日に結婚式をするので○年○月○日の予定を空けておいてください」といったお知らせを記したカードのことを指します。

数か月後、ユーザーがサイトを再来訪し、結婚式の招待状をデザインし、購入する際、過去の行動履歴に基づき、好みのデザインテンプレートをおすすめします。ユーザーレビューだけではなく、好きなデザインパターンも届くので、自分たちにぴったりな招待状を作ることができます。また、結婚式が終わり、再度サイトへ来訪すると、出席者へのお礼状をすぐに作成することができます。

「私たちは、信頼や、たしかなサービスに基づき、顧客との関係を構築することを重視しています。このツールは、お客さまが、挙式を上げるプロセス上で、どこにいるかを把握することができ、最適なコンテンツやおすすめ情報を提供することができます。」

結果

  • 全体収益の11%がSalesforce Marketing Cloudのウェブパーソナライズ機能経由
  • Salesforce Marketing Cloudのウェブパーソナライズ機能でおすすめされた商品に、お客さまが興味をもったとき、注文金額が平均18ドル増加
  • ウェブパーソナライズ機能によって、間接的ではあるが、収益全体の27%に貢献
  • レコメンドやシナリオによってパーソナライズされた1,000種のキャンペーンプログラムにより、収益は平均638ドル
  • 今後の予定

    さらなる飛躍のために、MagnetStreetは、ウェブサイトから収集された大量のデータを用いて、マーケティングオートメーションを実施します。具体的には、Audience Builder機能を活用し、より細やかな顧客セグメントを行い、個々のお客さまにあわせた商品をEメールでご案内していきます。

    最終的には、Webパーソナライゼーション機能で、トラッキングしたお客さまのソーシャルシェア情報に基づき、チャネル横断型の顧客体験を作っていく構想もあります。たとえば、最も多くピン留めされた商品や、Facebookの「いいね」数や、Twitter上での会話といったインサイトが、キャンペーン情報と顧客とのタッチポイントを統合するきっかけになることを期待しています。

    btn_off ほかの事例を見る
    今なら事例集をプレゼント!メルマガ登録はこちら
    toTop